記事一覧

白骨温泉「泡の湯」

平湯のキャンプツーの帰りは今回は一人だったのでみんなと別れたあとに前から行きたいと思っていた白骨温泉の「泡の湯」へ行ってみる事にしました。
数日前の大雨の影響で一番近い国道158からのルートは復旧中で通れません。
しょうがなく乗鞍林道より迂回して着きました。
ファイル 266-1.jpg
ここは雑誌やテレビなんかで紹介されているだけあってとても大きな白濁りの露天風呂なので混んでます。
少し前に温泉の着色問題で白骨温泉は問題になりましたよね。
でも、逆に人気がでたのでは。。着色しないでも十分なのにね。

私が入ったのは男湯で。。(当たり前!)
外来用入り口から入りタオル無し800円を払います。
着替えると大きく「カメラ付き携帯お断り!」の張り紙が。
残念ながらいつも持ってる防水カメラを持っていく事はやめました。

先ずは内湯、浴槽が二つあります。
白にごりの適温の湯と透明なお湯です。
外には白濁りの男性専用露天風呂が個人まりしてあります。
少し廊下みたいな通路を歩き「大野天風呂」へ行きます。
混浴とか書いてあっても大体いるのは男ばかりと思い中に入ると。。。
男用入り口周辺に、女性が数人。 え~女湯?
でも、周りを見渡すと男性の視線がこちらをギロ~!
ああ。混浴なんだ。 当たり前なんですね。 女性がいても(慣れてないもんで@@;)
これは大きな露天風呂だ! しかもよく見ると老若カップルが数組一緒に仲良く入っています。
私は慣れていないせいか目の置き場に困り景色ばかり見る始末です。
ところが慣れてくるとここは凄くよい露天風呂でこんなに広い露天風呂は秋田の乳頭温泉・鶴の湯以来です。
しかもこちらの湯の成分は泡の湯と言うくらいでしから白濁りの湯が発砲しているようです。
しかも硫黄の臭気で雰囲気も最高です。
温泉はぬるめなので皆さんゆっくり浸かっています。
こちらは白濁りが強く女性には入りやすいんですね。
服を脱いで直ぐにお湯に浸かりそのまま混浴風呂に入れるので体が見えない為でしょうね。
中には若い娘を持つ両親が入っていて和気藹々でもありました。
混浴初心者?にもってこいの場所でもありますね。
如何ですか?カップルで、ご夫婦で?
男性用の内湯も温泉らしい最高に体がすべすべになる湯ですね。
ここは何度も行ってみたいと思う湯の一つになりました。
ファイル 266-2.jpg
そして今回、平湯キャンプ場へ向かう時に立ち寄った蕎麦屋さんです。
信越道の東部湯の丸から254経由で行きましたが三才山トンネル手前右側にある高級そうな蕎麦屋さんです。
前から気になっていて初めて入ってみました。
私好みの極細麺の田舎蕎麦で美味しいです。
普通850円、大盛は1250円でした。 なかなか美味しい!

今回のキャンツーは行く前からいろいろ迷いもありましたがキャンプする事も楽しいし、語らいはもっと楽しいし、そして自由に立ち寄れるバイク旅は自由で最高です。
最近、トライアルばかりやっててツーリングが少なくなりましたがやっぱ、ツーリングして景色を見て美味しい物、それに最高の温泉。いいですね。

いいとこ見つけた!日帰り温泉「「北橘温泉 ばんどうの湯」

今日はバイクで山へは行けなくなったので湘南方面の海でも廻ってこようと思ったらなんと朝から雨です。
そして、下の子の友達が7人も遊びに来るとの事。。チャンスではないですがちょっとした時間が出来たのでネットで人気温泉を調べてジムニー号で出動しました。
ファイル 79-1.jpgファイル 79-2.jpg
行ったのは口コミが良さそうで高速を使えば1時間以内で行ける渋川にあるばんどうの湯です。
こちらは日帰り温泉としては値段も300円で入れて施設も充実していてなんと言っても露天風呂から榛名山や遠くに秩父連山が雄大に見えます。 
この日は前日に振った雪で榛名山や赤城山の頂上付近が真っ白に見えます。 
しかも5度位しかない気温です。 また、夜には渋川や前橋の夜景も見られます。 
みなさんよく関越道を渋川あたりで東京方面へ走っている時に夕刻や夜だと夜景が凄く綺麗に見えると思いますがきっとこの景色を見ながら入れる温泉だと思います。 この安さは魅力です。 
夜9時までやっているので夜景を見ながら入るのは良いと思います。 
夜景を見て入る温泉で有名な「ほったらかし温泉」がありますが私は好きですが800円の値段が高すぎると思います。 近場で300円でこの景色こちらもお勧めですよ!
関越道を東京に向うのに渋滞に突入前?に入ってから帰るのも良いかも。 
帰りに有名な赤城山の大沼へ向う蕎麦街道にある有名な蕎麦や「桑風庵本店」に寄りましたがいつもながらの売切れでした。
* 場所については上の「お勧めスポット」参照の事

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ